海外旅行はフランスからスペインへの列車体験です

海外旅行で、フランスはニースからバルセロナへ列車の旅をした時の体験談ですが、車内には海外旅行者の人が多かったので安心した旅だったのです。
その列車は一度乗り換えを行ったのですが、その時に出会ったマドリードから来た親切な夫婦とフランスからバルセロナにホームステイの語学勉強に行く人と知り会ったのです。
そこでバルセロナの情報をもらったり、文化交流を行ったのです。
列車の中は比較的に快適で、人が少ない車内だったのです。
その列車でも国境越えを行ったのですが、パスポートコントロールと言う事で、車内に移民局の係官がパスポートの提示を求めたのです。
それは簡単なものでしたが、ヨーロッパ内ですと入国のスタンプは、一度だけの入国地だけですから少し寂しい気はしたのです。
その後で夜行列車とは異なり、昼間の海岸線の車窓を楽しんだ列車旅ですが、途中から大雨になってしまい悲しげな地中海の眺めになったのです。
これがフランスからスペインへの列車での海外旅行の体験です。